Translate

2013年5月13日月曜日

子宮頸がんワクチン韓国の場合

2008年6月の新聞記事です
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://news.mk.co.kr/newsRead.php%3Fyear%3D2008%26no%3D487689&prev=/search%3Fq%3D%25EC%259E%2590%25EA%25B6%2581%2B%25EA%25B2%25BD%25EB%25B6%2580%25EC%2595%2594%2B%25EB%25B0%25B1%25EC%258B%25A0%2B%25EB%25B6%2580%25EC%259E%2591%25EC%259A%25A9%2B%25ED%2594%25BC%25ED%2595%25B4%26start%3D10%26sa%3DN%26hl%3Dja%26rlz%3D1G1LENN_JAJP500%26biw%3D1092%26bih%3D502
ネット普及率が世界一の韓国、英語教育にも熱心なので
すでにアメリカでのワクチン副作用被害者続出の情報が
国中で問題になって、病院にワクチン接種をしにくる人が激減した
と書かれています
そして新規の予約もほとんどなくなった、とのこと。

韓国の記事で、フランスでの子宮頸がんワクチン副作用報告
を発見、1700件の報告があった、ということです
しかし国の機関によって因果関係が認められていないという
2011年9月の記事より

こちらのブログは、2009年6月のもの
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at
_pg.aspx%3FCNTN_CD%3DA0001167558&prev=/search%3Fq%3D%25EC%259E%2590%25EA%25B6%2581%2B%25EA%25B2%25BD%25EB%25B6%2580%25EC%2595%2594%2B%25EB%25B0%25B1%25EC%258B%25A0%2B%25EB%25B6%2580%25EC%259E%2591%25EC%259A%25A9%2B%25ED%2594%25BC%25ED%2595%25B4%26start%3D20%26sa%3DN%26hl%3Dja%26rlz%3D1G1LENN_JAJP500%26biw%3D1092%26bih%3D502
韓国では2008年2月以降40件の副作用が報告され
そのうち2件は意識を失った、と報道されています
韓国では継続したワクチンの広告が行われていますが
薬剤師会では、公益を装った宣伝はやめよ、と糾弾
そしてガーダシルの重篤反応、死亡例を取り上げて
企業の利益のための、製薬会社の利益活動の中止を政府に要求した

そしてビタミンCとAの不足が子宮頸がんの発症リスクを高める
ビタミンCの摂取の多いグループは、少ないグループより
子宮頸がんの頻度が20~50%減少するという
カロテノイドの摂取は、子宮頸がんの頻度を1/2から1/5まで減少する
という研究を紹介している

2013年4月の記事
製薬会社は、韓国の低所得者に、子宮頸がんワクチンを無償での接種をするという
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.yakup.com/news/index.html%3Fnid%3D162065%26mode%3Dview&prev=/search%3Fq%3D%25EC%259E%2590%25EA%25B6%2581%2B%25EA%25B2%25BD%25EB%25B6%2580%25EC%2595%2594%2B%25EB%25B0%25B1%25EC%258B%25A0%2B%25EB%25B6%2580%25EC%259E%2591%25EC%259A%25A9%2B%25ED%2594%25BC%25ED%2595%25B4%26start%3D20%26sa%3DN%26hl%3Dja%26rlz%3D1G1LENN_JAJP500%26biw%3D1092%26bih%3D502

このニュースの限ったことではないが
テレビのニュースでは世界の反応がほとんど紹介されないので
自分でググルことが大事だ、と思う

0 件のコメント: