Translate

2014年2月23日日曜日

幼稚園のPTA役員やらなくていい

PTAの役員になったらやめられないのか?やめられます
私はやめました、その経緯は後で書きます

PTAは任意団体です、これは、愛好会や茶飲み仲間みたいなものです
そんな団体に「やらなくてはいけない仕事」なんてあるでしょうか?
ありません
学校のPTAについては文部科学省が「やらなくていい」
と言っています、文部科学省TEL03-5253-4111に電話して
聞いてみてください、PTAの事で、と言えば担当者が出ます
そして「やらなくていい」と言ってくれます
幼稚園も同じです、やらなくていいものです

幼稚園はママたちと毎日会うのでことさら断りにくいですよね
下の子がいないとロックオンされてしまいますが
やらなくていいんです
悩む必要なんかありません
だって、やらなくていいものなのですから
だいたいPTA自体がなくてもいい団体です
PTA会員をやめることもできます
本来は「PTAに入会しますか?」と意思を確認して、入りたい人だけが入るべき団体です
しかしPTAはこの労働力を確保するために
気が付くと入会している、という強制入会をさせています
この時点でインチキな団体だとわかります

こちらのサイトでは、PTAのほんとのところを詳しく説明しています
ぜひ熟読して、PTAに対する今までの思い込みを捨ててください
http://pta55.blog57.fc2.com/

しかし、PTAの役員はやらなくちゃいけない、という思い込みはすごいので
今までの話をママたちにすると逆切れされて、大変なことになります
小学校の副校長ですら「文部科学省なんて関係ない!」と叫びましたから
(文科省の役人は「そんなはずはないのですが・・」と言いました)
これらの話は最後の切り札として、使う時と話し方を考えてから使ってください
自信のない方は、家族に相談して、家族に対応してもらうのがいいと思います
お婆さんには相談してはいけませんよ
昔からのPTA洗脳に侵食されている人は、ネットの話なんて信じませんから

私は近所のやさしそうなお母さんにこの話をして、ひどいめに遭っています
日頃の友達が豹変することもあります
特に上に子供のいる人は要注意です
学校で無理をして役員をやった人などは、最悪のキレ方をします
それとなく話をふって、PTAに対する考えを聞いておくといいです
役員をやらない人なんて許さないわよ、という人は多いです、気をつけて

友達の助けは期待できません
周囲の人も、なんとかして役員から逃れようとしています
正論なんか通用しません、子供が病気も、自分の病気も同情なんかされません
小学校はもっと悲惨な役員決めが待っています
まだ幼稚園のママは大げさだな、と思うかもしれないけど
ほんとに修羅場なんだから
今のうちから先ほどのサイトで勉強していくことをお勧めします

しかし「やらなくていい」ものですから、役員を断る時に罪悪感を感じる
必要なんてありません
どうしてできないの?理由をいいなさいよ、と言う人もいますが
家庭の事情、健康の問題は個人情報です
みんなの前で言わせるなんてことをしてはいけません
言う必要などありません「個人情報です」と言いましょう
「ばかじゃないの」と言う人もいるでしょう、でもバカなのはその人です
断固として断ってください
ソフトに断ると「こいつはいける」と思われて、幼稚園の先生ですら
役員の強要に加担してきます、ニコニコしながらね
やらなくていい、ということを知っているあなたなら、きっぱり断れるはずです

では、私が幼稚園の役員をやめた経緯を書きますね
私が役員をやっていた時は、ほかの役員たちが変わった人ばかりだったのです
この人たちと一緒にやっていくのは無理だと思い
園長に「やめます」と言ってやめました
ちょっと引き止められましたが、園長も私に同情してすんなりやめさせてくれました

ひとつお話ししますと、お祭りで何をおみやげに出すか、という話し合いをした時
三つ子のママが「竹でできた竹トンボがいい」と言います
でもあれは、反対に回すと顔を直撃するので、危険なおもちゃです
反対する私ひとりvsその他全員でもめました
そこへ園長が来て、話を聞くと「あれは危ないからダメよ」
すると、三つ子のママが泣き出しました
そしてみんなで「大丈夫?」と彼女に同情、え?私は悪者?

本当にくだらない話ですいませんでした
そのほかに、会費を浪費したがるとか、いろいろありました
近隣の幼稚園でも役員をやめた人がいました
その人についてはいい噂はありませんでしたが、私も悪く言われていたでしょうね
年度末の挨拶で、この時のPTA会長は
「私が至らなくて、申し訳なかった」と言って半泣きしていました
この時の人達が、この後、小・中学校で本部役員をやり続けていた
というのは最近知りました
こういう風にPTAが好きな人はいます、こういう人がやればいい
というのが本来のPTAです、やりたくない人に強要なんてしてはいけない団体です
こどもはすぐに大きくなってしまいます
ママ、ママとうるさいのは今のうちだけ
子供と一緒の時間を大切にしてください

関連記事:PTA役員決まるまで帰れない,帰る方法
http://unyunenemama.blogspot.jp/2014/02/blog-post_22.html
関連記事;PTA役員できない、やりたくない、やらなくていい
http://unyunenemama.blogspot.jp/2014/02/blog-post_21.html

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

こちらも拝見させていただきましたm(__)m
竹トンボの件、びっくりですね。
その場がリアルにたやすく想像できますよ。
なんで、そこで泣いて、しかも周りが大丈夫?とかになってしまうのかな。
意味がわからないし、なんかその空気が嫌ですネ。


そうそう、
本当に、
PT役員などは、
やる気がある方、やりたい方々がやれば良いと思います。

私も辞めたいです。

色々と参考になります!
ありがとうございますm(__)m



ハッピーのママ さんのコメント...

どういたしまして