Translate

2016年3月27日日曜日

ご愁傷様です

子どもの中学のある先生から、卒業する子どもたちへの門出のことばが、
「ご愁傷様」でした。
もちろん子ども達はみんな笑っていたようです。

その真意は、今まで子どもとして、親の庇護で幸せに暮らしてこれたけど、
これから、このせちがない世の中に出て行くわけです。
これから大変だぞ、という子ども達を思う気持ちだったようです。

最近つくづく思います。
世の中には本当にいろんな人がいるんだなって。
もちろん変な人ばっかりっていうことです。
自分の家族でさえ、なんでこんななんだろう、と思うのですから、他人ならなおさらです。

これから子どもが、いろんな人と出会って、いろんな経験をするのでしょうが、
こんな変な人ばかりの世の中で、大丈夫かな、って本当に心配になります。
私が出会う人が変な人ばかりなのかもしれませんが。

いい友達を探す、どころではないのがこの世の中です。
まずは自分と常識の程度が同じ人がなかなかいません。
そのずれた常識を振りかざして「そんなの常識でしょ」と言う人のなんと多いことか。
私が仕事で出会う人はひどい人ばかりです。
先日「この店長はすごいいい人だ」と思ったのですが、
よく考えたら、私が店長なら、当然そういう対応をするよな、と思って、やっと気が付きました。
この店長は、普通の人だ、と。
ちょっと親切な人は女神様に見えてしまいます。

今までお友達の条件だと思っていた、話が合う、趣味が合う、
なんていう人には、お目にかかったことがありません。
害のない人なら、誰でもお友達になれてしまうようになりました。
また、相手の悪意を敏感に察知するようにもなりました。
子どもの頃は推理小説ばかり読んでいたので、相手の心理を想像するのは得意かもしれません。
言葉の端々で、相手の悪意が見え隠れします。
他人を利用しようとする人も、多いので驚きます。
そういう人はなぜか人に騙されたりもするようです。

でも最近の子どもたちは、ネットで趣味の合う人、自分のしたい話ができる人を見つけて
楽しく過ごしているようです。
子ども曰く「もしそれが女の子じゃなくて、変なおじさんだって、
会うわけじゃないからいいんだよ」だそうです。

年をとった人では、今までの人生でその人の顔ができていくんだ、
ということをしみじみ感じます。

0 件のコメント: