Translate

2016年6月16日木曜日

東京で部屋を借ります。

引っ越すことになりました。
1件目の不動産屋には、早く契約しないと、ほかの人が契約してしまいますよ、
と言われたのですが、
やっぱり汚かったな、と思って、やめました。
そんなに、どんどん部屋が決まるのでしょうか。
6月はジューンブライドでお部屋がどんどん決まっていく、と言われましたが、
今どき、ジューンブライドなんて言葉を若い人が使うのだろうか?
その時期その時期のよってこういう決まり文句があるのかもしれません。

今は不動産屋に来てから決める人はほとんどいないのだそうです。
みんな来店する前にネットで決めてきて、
見に行ったら想像と違ってほかを見ることになるようです。
ネットには修正した美しすぎる写真が載っているのですから、当然です。
思いっきり光を入れて画面を明るくした写真が掲載されていました。
実際見に行ったら、南向きではないので、部屋の中が暗くて、写真のような
きれいで明るい部屋なんかではありませんでした。
写真の修整なんて、中学生でもできる、とうちの子が言います。
ネットの時代ですね。

しかも家賃で決めて、よーく見ると、なんだかんだで1万円も高くなったりします。
だったら最初から支払い金額を表示してよ、と思います。
一番ひどい物件には、家賃4万5千円で、共益費が1万5千円。
それは家賃6万円ですよ。
東京でも東の果ては、治安も悪く、住んでいる住民のマナーもいまいちなので、
家賃が安いです。
安いからと、お土地柄を知らないで家を買う人も多いのです。
安いのは理由があります。

テレビでCMをやっているお部屋探しのサイトを見ていきました。
こういうサイトは、沢山の不動産屋の集積サイトでした。
沢山の物件が載っているのは、沢山の不動産屋が参加しているからなのでした。
サイトから連絡が行くと、各不動産屋から電話がかかってきます。
体を動かして働くのは地元の不動産屋です。
こういうサイトに参加していなかったら、地元不動産屋は、もう仕事はないんだろうな。
東京23区で、2DK、家賃5万円ってすごく安い。
大丈夫かな、と思って見に行きました。

やはり行かなければ良かったです。
不動産屋の車で目的のマンション前に着くと、不動産屋さんが言いました
「あ、鍵忘れた」
あわてて店に戻る途中、警察官に止められます
「今の所、一時停止だったんだけど、気が付かなかった?」
今仕事中なので、あとで交番に行きます、ということでマンションへ。
そのマンションは、幹線道路沿いで、窓が2重窓です。
ダンプの音がゴーゴーと響いて、窓を開けることができません。
これが東京。
おまけに部屋は転居したばかりでものすごく汚いのです。

さて、次のマンションはまあ普通でした。
これでいいかな、と思って申し込みをしました。
でも、この後いいお話があったので、キャンセルすることになりました。
キャンセルの電話をすると、
何が原因でキャンセルなんでしょうか?と聞かれました。
ここは初めに27万円支払うことになっていましたが、これが高いでしょうか?
と言います。「そうですね・・」と言うと、
5万円も安くなりますがどうでしょう、と言います。
へ~ごねると安くなるんだ、とビックリです。
きっとなかなか埋まらなくて困っていた物件なのでしょう。
でも、これはキャンセル。

引越しは大変です。
でも、今住んでいる町が嫌いだったので・・・って20年住んでいましたが、
やっと出られてうれしいです。
最近年をとったせいか、なにか目に見えないようなものを感じることがあります。
どういう言葉で書いたらいいのかわかりませんが。
たとえば、高等裁判所のような所は、死刑判決もでますので、
人の怨念のようなものがあったりするのでは・・
と思うと、空気が重く感じたり、建物から妖気が発しているような・・・
病院の集中治療室にお見舞いに入った時には、気分が悪くなりました。
拘置所の職員に用があって行った時には、
呼吸が苦しくなるくらい、空気が重く感じました。

土地柄っていうのもそうです。
今住んでいる所は、とてもそういう意味で悪い所です。
川の近くの土地が安いのは、そういう悪いものがあるので安いのですが、
最近は交通の便だけで家を買う人が多いので、
ここは土地も家賃もとても高いです。
昔は海抜の高い山の手の土地が高かったのですが、
最近は、東京ならどこでも高いので、ここが悪い所だということが忘れられているのです。
マンションはすぐに完売するし、小さい個建て住宅もすぐに売れます。
いつ水害があって沈んでしまうかわからない所なのにね。

4 件のコメント:

nrj04667 さんのコメント...

抗酸菌症のプログが更新されていないので、体調がよろしくないのかと心配しましたが、このプログを拝見して、安心しました。仰るように、それぞれの地域が持つ、雰囲気というか、影のようなものを、私も強く感じます。私の住む名古屋市では、昭和34年の伊勢湾台風で海抜0m地帯で沢山の方が亡くなりましたが、その記憶も忘れ去られて、其処に市街地が形成されています。私は、建築士で建築物の確認検査を職業としており、名古屋市周辺の市街地を隈なく廻っていますが、何故、こんな所にと絶句する様な土地が開発されて住宅が建築されており、驚きです。町名設定される以前の旧地名を調べると、その地域の履歴がはっきりと見えて来ます。おおよその地盤状況もそれで把握が出来ますし、自治体か国土地理院に保管されている、昭和20年撮影の航空写真を見れば、何処をどう盛土したのか、何処に崖があったのか把握できます。昭和20年に、米軍が占領管理するために撮影した航空写真です。皮肉なものですね。では、失礼します。お元気で

ハッピーのママ さんのコメント...

コメントありがとうございます。
数週間ぶりにパソコンを開けました。
すっかり疲れてしまいました。

野の花 さんのコメント...

お疲れ様です。
病を抱えている身には引越し作業は大変だったでしょうね。私も10年前、お嫁さんの二人目の出産での孫の世話で、自宅に帰ってからも疲れが中々取れずに、どうしてだろう、どうしてだろうと思っていましたが
今にして思えば、既に病に侵されていたのですね。先日の定期健診でレントゲン撮影。「先月と比較して良くなってはいない。右肺に白い部分が更に!」と言われショックでした。我が家では犬を飼っていて夕方の散歩は私の仕事ですが、「犬の散歩でゆっくり歩くのが良い。しかし坂道は駄目、貴方は平らな道を歩きなさい。距離は2キロまで。」と、言われました。4,5年前は山歩きをしていたのに。今でもどうして私が!と思います。
歳を取るとともに、体力の低下を感じます。しかし、深刻にならず無理をせず、前向きに、と思っています。

23日に日本呼吸器学会九州「肺の日」市民公開講座があります。肺年齢測定会もあり申し込みをしました。6年前の測定では85歳と出てショックでしたが・・・
肺を保護する栄養療法、肺を強化する運動療法がテーマです。

くれぐれも無理されませんよう。私も貴方位のときは体を酷使してました。頑張り過ぎがいけませんよ。

ハッピーのママ さんのコメント...

いつもありがとうございます。
ほんとうに素晴らしいコメント感謝します。
それにとても前向きでうらやましいです。
やっと引越したのですが、
この家にいると早く死んじゃいそうだし、
子どもの学校のこともあり、また東京に引っ越そうと思っています。
もう1年くらい無理をし続けているので、
何年も寿命が短くなったかな、と思います。
まあ、それはたいしたことではないですが。

運動の指導までしてくれるなんて、良い先生ですね。
筋肉は100歳からでも鍛えられるそうなので、
私も余裕ができたら運動をしていきたいです。
肺自体を鍛えるということもできるのでしょうか?
呼吸を補佐する筋肉を鍛えたら肺年齢は若くなるのでしょうか?
なかなか興味深い講座ですね。
私も測定会に参加してみたいです。
私は70才位かな。
もしよければ、講座の内容をお話ししてください。
ところで、どういうゴロ合わせをすると23日が肺の日になるんでしょう。
8月1日は、もういっぱいだったのかもしれませんね。