Translate

2017年4月16日日曜日

現代の戦争

最近はテレビの報道が戦争一色なので、私も頭の中が戦争でいっぱいです。
私の働いている千代田区にミサイルが落ちる確率は
日本の中でもトップクラスですから。
アメリカの超能力者、この人はFBIの捜査にも参加するとして
有名なのですが、日本ではオカルトの範囲内です。
この人が、攻撃される所の地図を描いて、×を付けた所が厚木基地だったそうです。
彼は、ここは何処なのだろう、こんな地図が見えた、などと言っていました。

オカルトよりアニメに近い、ジョン・タイターは未来から来たというアメリカ人。
彼は、日本の首都は岡山だった、と発言したらしいです。
関東地方は放射能かなにかで立ち入り禁止になるようです。
首都の名前は「岡京」というのは、そのてのサイトでは有名な話です。

あのトランプが躊躇する、ということは、被害者は数千万か。
核なしの攻撃で韓国人100万の被害、と予想されていました。
日本で本当の被害予想を知っているのは安部さんと数人くらいでしょう。
知らぬが仏とはまさのこのことです。

韓国の地下鉄では、テロで爆発、血まみれの人がでる、という車内放送が
流れているそうです。
それでも市民は大丈夫だと言っていました、正常性バイアス発動です。
東京も避難のしようがないからこのままです。
戦争がなかったら、避難して仕事を失っても人生おしまいですから。

しかし現代の戦争は実はすでに始まっているそうです。
こちらにサイバー戦争の様子が書かれています。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51466?page=2
今朝のテレビで、アメリカがサイバー攻撃でミサイル実験を失敗させている、
という噂がある、と言っていましたが、単なる噂ではなく、
ニューヨークタイムズなどがすでに報道しています。
トランプはこのような報道が面白くないそうです、
ということはこれが本当だということ。

しかし相手ももちろんサイバー攻撃をするほどのハッカーをかかえている。
まさか昨日のクレジットカードのトラブルはその手の攻撃だったのでは
ないでしょうね。だってJCBが使えるの日本だけなんです。
私の接客したお客様のカードがなかなか決済されなかったのですが、
そのお客様は待たずにすぐに店を出てしまいました。
数分後「トラブルでカードが決済できません」と表示されました。
つまりレジマイナスです。私は店長に頭を下げるハメになりました。

テレビでは一言も触れられないサイバー攻撃の脅威は、映画ダイハード4で
描かれています。
その時ジョンマクレーンが現れて地球を救ってくれるでしょうか。

このような本が出版されていますが、
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-82604-2
現在の脅威は序曲にすぎず、本当の危機は中国の核だそうです。
今回の事が遺恨になることは明白です。
しかし、トランプの娘が親ユダヤなのだから、次の戦争は中東でよかったのに。
聖書の予言を実現させるためにシリアを攻撃、バックのイランロシアと
米イスラエルの全面核戦争、これでよかったのに。
http://fromnewworld.com/archives/739
中東で米ロが戦争しても、うちには関係ないもんね。
日本人はなにも知らなくていい、こんな話はオカルト、アニメで十分だ。

0 件のコメント: