Translate

2017年4月23日日曜日

アメリカが北朝鮮を攻撃をしない理由

それは、北朝鮮を攻撃したら、核で人類が滅亡してしまうからです。
北朝鮮は100近い核爆弾を持っているそうです。
アインシュタインの有名な言葉があります。
「第三次世界大戦はよくわかりませんが、第四次世界大戦は石と棒切れで戦う」と。
つまり第三次世界大戦で全ての文明は滅んでしまう、ということだ、
と言われています。
わずかに生き残った人間は、原始的な生活をおくる、という予言です。
第三次大戦は核戦争ですから。

しかし、北朝鮮が核を持ったのは、ただひとえに「他国に侵略されたくないから」
ただそれだけだ、という分析があるそうです。
それはパキスタンに似てる。
パキスタンはインドに攻撃されたくないくて、核兵器を持ったのと同じ理由だと。
だから、いじめなければ、自分から攻撃はしてこない、
と分析されている、と韓国のサイトには書かれています。
http://nk.chosun.com/news/articleView.html?idxno=24821

じゃあもうほっとけば?

例えば、一人暮らしをしたい、という子供に、家族が反対する。
子供は意地になって「一人暮らしをさせてくれないのなら、
家族全員惨殺して家に火をつける」と言う。
だったら一人暮らしさせればいいんじゃないか、という話。
一人暮らしを禁止して、家族が惨殺されてから、
「一人暮らしをさせればよかった」と言ってももう遅い。
みんな死んでしまってから後悔しても、もう遅いから。

北朝鮮は本当はこう言いたいのではないでしょうか
「攻撃しないで、私たちもしないから」と。
それが言えなくて、攻撃したら人類全部道連れだぞ、って言っています。

ロシアでは、北朝鮮よりトランプの方が怖いと言われています。
その理由は、北朝鮮は他国を攻撃したことがないから、
トランプは衝動的で予測不可能なので、一歩間違えると核戦争になりかねない。
http://jp.reuters.com/article/kremlin-trumpomania-media-idJPKBN17K0JF?pageNumber=1(ロイター)
さすがに核戦争になったらロシア人も生きてはいられないようです、
最近北朝鮮に手を差し伸べています。

日本と韓国が、攻撃はやめて、とアメリカに言っているのも、
攻撃しない理由だそうです。
そりゃ言うでしょう、だってみんな死んじゃうんだから。

日本の連日のテレビ報道も、
核戦争で人類滅亡か、対話での平和交渉の二択しかない、
ということがわかったら、もう見る必要はありません。
北朝鮮がやる、と言っているのは、人類が滅亡するほどの「核戦争」だ、
ということを報道する必要があるのに、
「核戦争」という言葉をわざと使わないのですから。
「核戦争」をやったら人類滅亡、だったらどうする、これを議論するべきです。
「核戦争」なんだから、避難する所なんてないです。

0 件のコメント: