Translate

2018年4月10日火曜日

除湿器の種類

除湿の仕方によって
・ハイブリッド式
・コンプレッサー式
・デシカント(ゼオライト)式
・ペルチェ式
・コンデンス式、などがあります。

コンプレッサーは空気を冷やして湿気を取り除くというもので、
電気代本体価格も安く、除湿量が多いので夏場に向いています。
部屋が広い場合にはこちらが適しています。
しかし本体が大きく、稼働音が大きいのが難です。
また室温が低いと稼働率が下がります。

デシカントでは、乾燥剤のような原理で除湿します。
ですから寒い冬でも除湿効果は変わりません。
本体も小さめで音も静かです。
しかし、電気代がコンプレッサーより高く、ヒーターを使うので
部屋の温度が上がってしまいます。

コンプレッサー、デシカント両方の能力を持ったハイブリッド式はどうでしょう。
1年中問題なく使えます。
しかしコンプレッサー式を含むため、本体は大きく値段も高めです。

ペルチェ式という方法もあります。
パソコンの冷却と同じ方式。
コンプレッサーを使わない冷却媒体を使っているので、
音も静かでサイズもコンパクト、価格も安い。
コードレスのものもあるので、クローゼットや靴箱に入れても使える。
しかし、除湿能力はそんなに大きくなく、冬には向かない。
ある機種で1日に除湿できるのは、30度湿度80%で750ml。

コンデンス式では、コンデンサーを使わずに空気中の湿気を水にできる。
そしてデシカントより電気代が安い。
冬にも適しています。

どれにしようかな。
押し入れのカビが心配なので、小さいのしようかと思います。

エアコンの除湿で部屋の温度を下げないで除湿する、というものは、
再燃除湿と言われ、空気を暖め直しています。
そのため電気代は高くなる、と言いますが、
真夏以外でも使えるのは魅力ですね。

0 件のコメント: