Translate

2017年5月4日木曜日

スパイ映画が現実に

ミッション・イン・ポッシブルという映画がありますが、
実際にそのような人たちが活動している、というニュースです。
http://jp.reuters.com/article/usa-intelligence-newzealand-idJPKBN17R0H7
各国の機関が集まって定期的に会合をしているそうです。

CIA.FBI,イギリスのMI5は007で知られた機関です。
そのほかカナダ、オーストラリア、ニュージーランドも
参加するそうです。
みんなそういう機関を持ってるんですね。
かっこいいですね。
もちろん日本は蚊帳の外です。

日本にも昔はそういう組織があったそうです。
アニメや映画にもなった「ジョーカーゲーム」のモデルになった陸軍中野学校。
あの小野田さんは本当にこういう機関の人だったそうですね。

今回スパイ大作戦がニュースになったのは、もちろん北朝鮮問題があったからです。
それも議題になるだろう、とロイターが伝えています。
日本のニュースは見ていてもつまらないです。
ミサイルが落ちたらどうするか、なんて特集をしています。
どうしようもないです。
進撃の巨人みたいに、人々は家を失って露頭に迷うのです。

最新の「妖怪ウォッチ」では、ミッション・イン・ポッシブルのパロディーで、
ミッション・ニャン・ポッシブル、というのをやっていました(笑)
主役が猫(ジバニャン)なので、ニャンです。
お子様は元の映画を知らないでしょうが、面白いと思うのでしょうか。
このまま平和だといいですね。

0 件のコメント: