Translate

2014年2月22日土曜日

PTA役員決め「決まるまで帰れません」帰る方法

実際に私がやった、脱出方法です
役員ができない人は、絶対に無理して引き受けないでください
はっきり言って、断るその日1日は勇気が要ります
それとも、1年間苦しみますか?
ママ友の方が子供より大事ですか?
私は病気なので役員はできません

まずあなたの考え方をクルりとひっくり返さないといけません
・PTAは子供にとって絶対必要な組織ではありません
 あの巣鴨高校にはPTAはありません、ない学校はたくさんあります
・PTAは任意団体です
 保護者が勝手に作って勝手に運営する団体、と文部科学省では認識されています
・任意団体に義務はありません
 PTAの仕事に義務などありません、つまりやる必要はありません
・PTAは退会できます
 会員をやめても、学校の中で子供を差別することは禁止されています
・文部科学省に電話したら「役員はやらなくていい」と言われます
 TEL03-5253-4111に電話して、PTAのことで、と言ってください
・ついに昨年、PTA関連で流血事件がおきて逮捕者が出ました、産経ニュースです
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131127/waf13112710180012-n1.htm

こちらのサイトにはこれらの全てが詳しくわかりやすく書かれています
http://pta55.blog57.fc2.com/blog-category-3.html
このサイトをよく読んで理論武装することをお勧めします
そうすれば、保護者会で周りの人が猿山の猿に見えてきます
あなたはその猿たちを、オリの外から悠々とながめていられます
なんであんなにきーきー騒いでいるんだろうって
私はその猿山の中にいたことがあるので、PTAには超絶拒絶反応がでます

それなのに、なぜあなたは「PTAの役員をやらなくてはいけない」
と自分を追い込んでいるのですか
やらなくていいのです、これが事実です、真実です
あなたはPTAの呪縛から逃れられたでしょうか、洗脳がとけたでしょうか
文部科学省に電話しましたか?
でも、あなたの周りの人々は、洗脳されたままです
あなたは宗教団体の集会に参加しているようなものです

実際に私がやった脱出事例です
それは、学校の本部役員を決める、というもので、50人位集められて、PTA会長一同もいました
さて「帰れません」とコールがありましたので
私は「すいません、役員は強制なんですか?」
 役員が集まってひそひそ話しをする
役員「強制ではありません」
私「なら帰れますよね」
PTA会長(普通のおばさん)「ねえ、あの人、帰ってもらったら」
 彼女はあごを少し上に上げて、私を見下すようにそう言った
 まさに氷の女王様のようでした、家に帰れば普通のお母さんなんでしょうに・・
いやー、心臓がドキドキしました
私の後に続く人なんていませんでした
私を追い出した理由は
私が「役員をやらなければいけない」という洗脳を解いてしまいそうになったからです
PTAは洗脳して、追い込む、がいつもの手段です
私に、真実を話されたら、彼らはとても困るのです

長時間監禁されると、発狂して「私がやります」と泣き叫ぶ人がでてきます
PTAはこれが目的で「帰れません」をします、ですからさっさと帰るのが得策です

メンタルの弱い人は、そもそも保護者会なんて、魍魎の巣窟に出かけてはいけません
つきまとわれても、ストーカー規正法には抵触しないので(恋愛ざたではないので)
居留守、留守電、着拒、仮病しかないです
でも監禁は犯罪です、ゆるい監禁を軟禁といいますが、法律上は「監禁罪」で同じです
鍵をかけなくても、脅迫によって脱出を断念させるだけで、罪として成立します
監禁しても罪にならないのは、警察です
子供が学校から帰れないのは、教育が義務だからです

ですから「帰れません」と言った役員の人に「監禁ですよね」と言ってみましょう
警察署の電話番号を携帯に入れておいて(110番はやめましょう)
警察に相談しますけどいいですか、と言って
その場で警察に相談してみましょう
役員の人に「犯人はあなたで、よろしいですね?」と言えば
たぶん「帰っていい」と言われるでしょう
いや「帰れ」と言われるよね
PTAが帰っていい、って言ったのだから、後で役員を押し付けられても
やる必要は全くありませんし、なにもしなければいいのです

その場にいる全員が役員をやらなくてもすむ方法もあります
簡単です、全員で帰ってしまえばいいんです
一度も役員をやっていない人だけが残った時に、みんなの賛同があればできます
でも、洗脳が深刻な人が反対するでしょうね
私には、なんで発狂するまで自分から閉じ込められてるのか理解できませんが
これはまさに「ストックホルム症候群」です
自分の生存がかかった場合、悪の組織に協力してしまう心理です
大丈夫、PTAなんて論破できれば簡単に駆除できます

決まるまで帰れませんの時って、みんな黙っていますよね
これが心理的に追い詰められる原因です
声かけができる人は、みんなで集まって話し合ったらどうでしょう
そこで文部科学省に電話してみたらどうでしょう(スピーカーフォンで)
きっとその場にいる人の洗脳を解くことができます
1匹のひつじは弱くても、群れになれば狼を駆逐することができます
それとも誰かが発狂するのを待ちますか?

周囲の目が気になる、と言う人は、自分と自分の生活と子供を犠牲にしてでも
役員をやるしかないですね
「周囲の住民から好意を持たれる」というのが幸せの目的なら、役員をやるしかありません
でも私の幸せに、周囲の人なんて関係ありませんから
私はPTAを拒否することができます
こどもがPTAの恩恵をうける、などということは一つもありません
小学校での子供祭りの60万円の収益がこどもに還元されることはないのです
(何に使われているか、決算報告書を見ることをお勧めします)
それに子供が高校に入ると、もうこの人達とは会いません

「役員にされても、何もしませんよ」と強く言えば
なにもしない人が役員だと、彼らも困るので、無理やり役員にはしません
しかし、やさしく断ると、彼らは「この人は無理を言えばやりそうだ」
と思うので、つけこまれて、強引に押してきます(やくざみたいだ)
強く、断固として断ってください
がんばれ!

関連記事:PTA役員強制、弁護士に相談
http://unyunenemama.blogspot.jp/2014/02/blog-post_27.html

0 件のコメント: