Translate

2013年11月21日木曜日

塩素漂白剤(カビキラー)は呼吸器疾患の方は使わないでください

と製品のパッケージに書いてあることに最近気が付いた&心臓疾患の人もです
え?そうだったんだ
つい使ってしまいますが・・・・
混ぜなくても危険なのですね

漂白剤の成分「次亜塩素酸ナトリウム」が使われている安全な製品といえば
「ミルトン」哺乳瓶の消毒薬です
じゃあ安全なの?
いや、たぶんミルトンはよくないんじゃないの、というサイトを紹介
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/kirinuki/062miruton.htm
私はこれを自分の子どもには使いませんでした
洗浄液なのに、ゆすがなくていい、なんて嫌だなと思ったものです
もちろん愛用している人もいました
その子は元気に育っていますから、問題ないのかな?
でもそう言えば、ミルクをよく吐いて困っている、と言っていたな
このサイトでは「親がミルトンで洗って、ゆすがないお茶碗でご飯をたべてみたらいい」
ご飯が「まずい」はずだ、と
微生物を殺す働きのある薬ですからね・・・・

アメリカ肺協会のホームページには、クリーニングに使われる洗剤には
肺に良くない化学物質が含まれているので
重曹が安全でいい、と書かれています

そしてこちらは、アメリカの塩素フリー製品協会のホームページ
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.chlorinefreeproducts.org/medicalhazardsofchlorine.html&prev=/search%3Fq%3DChlorine%2Bbleaching%2Bhousehold%2Bdetergent%2Bis%2Bbad%2Bfor%2Bhealth%2Bof%2Bpatient%2Blung%2Bdisease%26biw%3D1092%26bih%3D513
仕事に出ている女性より、主婦の方がガンによる死亡率は54%も高かった
と書かれています
これは、15年間におよぶある研究で、毎日の家庭用洗剤(塩素)の使用によるそうです

そして塩素を含むクリーナーの揮発物は、肺を刺激し、心臓疾患や、喘息や肺気腫
などの慢性呼吸器系疾患に悩む人々のために、特に危険です
混ぜると危険と書いてあるのは
混ぜることにより発生したガスが、肺の深部組織を傷つけるからだそうです

こちらのサイトには、塩素が体内に吸収されることにより
肝臓に負担をかけるため、肝臓に疾患などのある人では
もともと毒素を解毒する容量が少ないため、塩素洗剤の吸収は
肝臓の炎症、肝細胞の損傷につながる
と書かれています
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.liversupport.com/wordpress/2012/01/is-bleach-bad-for-your-liver/&prev=/search%3Fq%3DChlorine%2Bbleaching%2Bhousehold%2Bdetergent%2Bis%2Bbad%2Bfor%2Byour%2Bhealth%26start%3D20%26sa%3DN%26biw%3D1092%26bih%3D513

私は薬を沢山飲んでいるので、洗剤のせいで、さらに肝臓の負担を増やしたくないな
そして、魚を飼ったことのある人は知っていると思うが
水道水に含まれる少量の塩素でさえ、魚の細胞を傷つけるので
魚の水を取り替えるときには、塩素を消す薬を入れますよね
魚の細胞を壊すということは、当然人間の細胞も壊すということです

関連記事・塩素製品「クレベリン」の危険性を書いた記事です
http://unyunenemama.blogspot.jp/2013/06/blog-post_7756.html

0 件のコメント: