Translate

2017年1月16日月曜日

トランプ大統領は薬価を下げる

トランプが無能である、と前回書きましたが、
彼は薬の値段を引き下げさせる、とも言っています。http://jp.reuters.com/article/usa-trump-drugpricing-idJPKBN14V2KD
アメリカのニュースでは
「製薬会社が悪役になって、トランプが人気をとっておしまい」
と書いているものもあります。

これは日本ではほとんど問題にされていませんが、
ひょっとしたら、大変なことです。
日本で普通に使われている薬の多くは、海外の製薬会社が開発したものです。
ですから、この問題は日本にも大きく関わってくるはずです。

ヒラリーもこれは主張していたようです。
最近アメリカでは命に関わる薬の値段が大幅に上げられたそうです。
それをトランプは「製薬会社は殺人を犯している」と言いました。

製薬会社ははじめ、トランプに期待していたようですが、
こんなことになって、株価を大きく下げました。
これからは、薬の値段を交渉するようになるようです。
トランプにしてみれば、薬に使われる税金がもったいない、ということのようです。
富豪にとっては医療費なんて子どもの小遣いより少ないのでしょう。
トランプの家のお風呂は純金のバスタブでしたっけ?
Government of the rich by the rich for the rich.ですね。
richをbillionairesとした方が適切かも。

世界一貧しい大統領、世界一素晴らしい大統領として有名なムヒカ大統領は言いました
お金持ちは政治の世界から出て行ってもらう必要がある、と。
お金持ちは富を増やそうとそれに固執しますが、政治とは
全ての人の幸せを求める戦いなのです、と。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/10/27/worlds-poorest-president-explains_n_6052326.html
お金持ちが病人の心配をするでしょうか?
しないでしょう。

オバマケアの廃止で、貧しい家の子どもが病院から追い出されることになりました。
これから殺人をするのはトランプさんあなたのようです。

製薬会社が暴利を貪る、とういうのはよくないことです。
しかし、潤沢な資金があってこそ、やっと希少な病気の薬の開発に着手できるのです。
それで日本では製薬会社は手厚く守られています。
それがいいことかどうかは、とても難しい問題です。

0 件のコメント: