Translate

2018年1月20日土曜日

布団を暖かく

私は畳の上に布団を敷いて寝ています。
布団は、暖かさの6割は敷布団、4割が掛ふとんなのだそうです。
掛布団の方にばかり関心がありましたが、
床のほうから熱が逃げていく、といいます。
それでテレビでは、保温のための正しい毛布の使い方として、
敷布のように敷いて使う、と言っていました。

敷きパッドを使っていますが、なら敷きパッドを2枚敷いてみたらどうでしょう。
すごい暖かさです。
シーツは使わない方が、敷きパッドがもこもこなので暖かです。

床から30㎝ほど高くなるだけで室温は少し上がるので、
布団よりベッドの方が暖かいそうです。

電気毛布が暖かい、という知人がいましたが、
電気毛布をつけっぱなしで寝ると、脱水になるのだそうです。
寝る前に布団を温めたら消す、というのが正しい使い方。
人間は体温が下がることで熟睡できるようになっているので、
体温を下げるために体は一生懸命汗をかきます。
それでエネルギーを使ってしまう、というわけです。

家庭画報ショッピングサイトで売られている
「電磁波カット電気毛布」
メーカーなどはよくわからないのですが、
これ以外の製品からは、電磁波が出ている、ということなのでしょうか。
電気毛布の電磁波はあるサイトによると163ミリガウスだそうです。
体に密着していることを考えると・・・・・
電磁波はスイッチを切っても、コンセントにささっているだけで発生するそうです。
コンセントも抜かないといけません。
電気毛布使うなら電磁波カットがいいでしょう、2万円です。
体にいいっていうものはなんでも高いんですよね(笑)

また、パジャマの厚着はよくないのだそうです。
寝返りをしにくくして、疲れがとれないし、血行を悪くする原因になるそうです。

羽毛布団は、空気がたくさん入っている方が暖かいので、
上にかける毛布は軽いものの方がいいようです。
直接羽毛布団をかけて、その上に毛布ですよ。
朝布団から出たくなくて困ります。

0 件のコメント: