Translate

2016年1月22日金曜日

バススキーツアーはやっぱり怖い

うちの未成年の息子が、あの事故の前からバスのスキーツアーを予約していました。
うちの子が予約をしたツアー会社から電話があったのですが、
その話の内容は、簡単に言うと、命の保障はしませんけどいいですね、
という内容でした。
ひどいでしょ。
それでも彼は参加するようです。
このツアー会社にも、バス会社の件で観光庁などの立ち入り検査が入ったそうです。
っていうことは、危なそうだ、とお役所に判断された、ということでしょうか。

先日きたメールには「キャンセル料なしでキャンセルできます」と書かれていました。
自分たちでも自信がない、ということでしょうか。

未成年は保護者の同意を確かめないと参加できない、ということは
まともな旅行代理店なのかな、とはじめ思ったのですが、
その同意の内容が、5つあって、電話で読み上げるだけなのです。
参加の規約に同意していますよね、というのは普通です。
しかし「ツアー中におきた事故や怪我について、
 旅行会社に責任を問うようなことはいたしません」とか
「ツアー中のその他のトラブルについても、旅行会社に責任を問いません」
ですと。
参加グループがみんな未成年だとさらになにかあるようでした。
こんな内容に同意させるなんて、ひどい会社だな、と思います。
もし「弁護士に相談します」なんて言ったら、
同意できないということで参加させないのでしょう。

つまり、これに保護者が同意しているのだから、事故があっても、
うちの会社では一切責任はとりませんからね、ということのようです。
しかし、事故があったら、当然旅行代理店が責任をとるに決まっているじゃないですか。
20歳以上の参加者は、自分で同意しているのだからいい、とも言っていました。
事故があろうと、大学生は予定のスキーには行くでしょう。
あの事故を見て、スキーをやめた、なんて人はほとんどいないようです。

しかし、電話で確認しました、なんて、法律的に通用するのでしょうか?
契約は文書が存在しないとダメなような気がしますけど。
この電話で、訴える人が減るとでも思っているのでしょうか。
やっぱり旅行は大手代理店で予約した方が安心ですね。
ネットに沢山ある激安ツアーは怖いです。
http://www.travex.co.jp/(このツアーです)

0 件のコメント: