Translate

2017年12月14日木曜日

古い都営住宅、迷惑な住民たち

都営住宅に引っ越して2か月。
うちは玄関と自転車に、書いた人の名前のない張り紙をされました。
でも1階の例の婆さんであることは筆跡でわかりました。
張り紙は婆さんの隣の家のドアにも張ってありました。
紙には、お婆さんの要求が書かれているのです。
お婆さんの家のお隣さんは、よく我慢して住んでいるな、と感心します。

張り紙婆さんは、昨日「うるさい!何度言ったらわかるんだ」と叫んで、
公園で遊んでいた小学生の男の子たちを追いかけていました。
子供たちは「逃げろ~」と叫んで走っていきましたが、
お婆さんはその後を追って行ったので、
その子の家まで追いかけて行ったようです。
団地の子供なので、家を知っているのでしょう。
その後子供には必ず親がついているようになりました。
親は忙しいのに、本当に気の毒です。

私が引っ越してきた時、お婆さんは私の家に何度も来ました。
そして「自治会はなによりも大事だから」と言っていましたが、
その自治会をめぐって、団地のお婆さん同士ですごい喧嘩があったそうです。
廊下で初めて会ったおじいさんに私が「こんにちは」と挨拶した時に聞きました。
初対面のおじいさんは「引っ越して来たの?」と言い、
すぐに「1階のお婆さん怖いから気を付けてね」と言いました。
そして「ここはすごいんだよ、家の中まで入ってくるんだよ、
大喧嘩だったんだから」と言っていました。

引っ越しの荷物で、私がぬいぐるみを持っているのを見た婆さんはこう言いいました。
「子供がいるの?」それで私は「高校生です」と言うと
「だったらいいわ」と。
子供が小さかったら、ひどいめにあわされそうです。

またある人は「上の階は大丈夫よ」と言ってから
(婆さんは1階なので)
「隣の棟の人に、あなたの棟怖くないの?って聞かれるけど、
 大丈夫だから、本当に大丈夫よ」と笑って言っていました。
何度も大丈夫って言うのが、普通じゃないんですけど。
事実大丈夫じゃないし。

0 件のコメント: